<   2004年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

余話として・・・三中記(1)


b0025111_03157.jpg 9月20日 早朝からソフト部は電車を乗り継ぎ市川市内のF中学校へ練習試合というので,昨夜の反省会の名残をひきずりながら車を走らせました。
ソフトボールは見た目 野球に似ています。しかし,ことあるごとに野球とは全く違うスポーツであると聞かされ,また,それを実際に認識させられます。
塁間が短いこと,投手とホームベースの距離が短いこと,投手の手からボールが離れるまでは離塁が許されないことなどなど…総じて瞬間的な判断や動きが求められます。少しでもミスをすれば次の塁を奪われるし,常に次の塁を奪おうという緊張感を維持していなければなりません。
基本的には投げる,打つ,走る。捕る,投げるなのですが,ボールが大きくて重く,なおかつ飛びにくいときています。それが,塁間の短さ,球場の大きさと相俟って非常にスピード感にあふれた展開となって現れます。
おまけに,瞬時の判断ミスにはベンチから怒声が響きます。

b0025111_0314924.jpgそんなソフトボールに明け暮れて,KOBATOの卒業生たちの顔つきも,ずいぶんと大人びてきました。今日の3試合は,練習試合3日間の最終日ということもあってか少々疲れ気味の感がありましたが,そんなことで疲れたと言っていてはまだまだなのでしょう。
←投)田中



三中の試合結果は○●●でしたが,
今日のトピックスは,K中の監督の若さにまかせた(?)疲れを知らない速射砲のようなノック(速射砲ノックはジャパンの宇津木監督の特技ということですが…)とそれに連動して動き回る選手たちに唖然。少しでも緊張感を欠こうものなら怪我をしてしまいそうです。と,
昨年の金ケ作の9番のHRを初めてみたこと・・・ですかねぇ。

というわけで,ドッジボールをやっている小学生にソフトボールの楽しさを少しでも伝えたいと,これからも折々ソフトボールの話題を載せていこうと思っています。
    3日間で11試合・・・とのこと おつかれさまでした。
[PR]
by iwasi_cat | 2004-09-23 00:39 | Soft ball

市長杯

9月19日(日)晴天のもと第26回馬橋地区市長杯がおこなわれました。
ドッジボールは馬橋地区・馬橋西地区合同で開催されました。ところで,この市長杯,KOBATOはかれこれ3年連続して組合せ抽選会で1番クジを引き当てています。
ということで,キャプテンが選手宣誓をおこないました。写真をここ→
にUPしたいところですが,カメラを玄関に置いてきた・・・ということで
キャプテンごめんなさい。

b0025111_3163255.jpg
その頃まっさんが何をしていたかというと,ええ,朝7時からずっと馬橋小におりました。
会場準備・コート作りのためです。
なんで8時30分から開会式というのに,2面しかコートを作らないというのに朝7時なのかは置いといて,なんと朝からKOBATO審判団は全員,どこのチームよりも早くドッジボール会場で待機しておりました。

大会がはじまると,まっさんはSさんの指導のもとBコートにおりました関係上,KOBATOの試合はほとんどみておりません。その模様は虚実を織り交ぜて「2004Season」の項にありますのでそちらをどうぞ。
Bコートでは,結果こそ残せませんでしたがゆうかりの試合が印象に残りました。というのも,6年生がいないだけでなく,コートに入っているのが豆粒みたいなちっちゃい子だったのです。監督さんに聞くのを忘れましたが,1年生(?)では,と思われる子が,相手6年生の球を何球かキャッチしてました。
そういうのには弱いまっさんですから,少しうるうるしました。がんばれゆうかりの豆粒たち。
また,決勝戦において前半途中から終了までの1分以上を一人で耐え抜いた三村新町の5番も,敵味方なくすがすがしい感動を与えてくれました。
b0025111_3165584.jpg
そんな感傷とは関係なく,見事な攻撃力を駆使して優勝したのは馬橋中央です。おめでとうございます。まっさんは,審判団の新参者ですが21世紀大会に続いて図々しくメダルを選手の胸にかけるという役をやってしまいました。
KOBATOの子どもたちの胸にメダルをかけたいという欲求はますます強くなっていくばかりです。
なんとかしてください。
 

 
[PR]
by iwasi_cat | 2004-09-22 03:18 | dodge ball

第13回21世紀大会

9月12日 金ケ作小学校で第13回21世紀大会が開かれました。
まっさんは審判として参加するため自転車を飛ばして会場へ向かいました。
配置されたのはAコートでした。幸いにもAコートの審判員の方々,上手な人ばかりで
何の不安もなく線審・副審・記録などお手伝いさせていただきました。
市内大会で審判をするのは4月の小金大会以来でしたので少し緊張しながらでしたがアウト,セーフのコールをはじめ,副審をやっているときのベンチからのタイム,メンバーチェンジの要請などなんとかそつなくこなせたと思います。

試合のほうは,新作の見事な戦い方,まっさんが勝手にセプテムマジックと名づけたセプテムの快進撃などいいもの見せてもらったという感想です。
いろいろな試合運びがありますが,どんどん外野から中へいれてくる,内野の数的優位を常に保ちながら相手にプレッシャーをかける,という戦い方のできるチームがいい結果をだしていました。
b0025111_23215020.jpg
決勝戦は,上総町とセプテムの戦いになりました。
上総町は,先週体育館で「強い」「充実している」と感じたとおり,激戦のブロックで大橋みどり,馬橋中央,三村新町,大金平つばさを激しい試合の末(前半リードも後半激しく追い上げられぎりぎりで逃げ切るなど…)下しての決勝進出です。
試合は,セプテムマジックも上総町のパワープレイの前に力及ばず,結果15対7で上総町が悲願の優勝を遂げました。スピード感にあふれる良い試合でした。b0025111_2322233.jpg

上総町の選手・監督をはじめとするスタッフ・応援のご家族のみなさん

おめでとうございます

閉会式後,多数のみなさんと反省会でおいしいお酒を飲みました。
[PR]
by iwasi_cat | 2004-09-13 23:33 | dodge ball

流行のようですから

今世の中でブログというのが流行っているわけで。

ならば乗り遅れてはいけないと。

21世紀大会から「これ」利用してみようと思います。
[PR]
by iwasi_cat | 2004-09-12 01:10